2019年9月11日ソレダメ【毒になる食べ方薬になる食べ方】から読み解く食の新常識

日常生活の中で当たり前にやっている事が、意外と”ソレダメ”な事をしてたって結構ありますよね。

今回は、『毒になる食べ方薬になる食べ方』の著者で管理栄養士、日本抗加齢医学会指導士の森由香子さんが、

ソレマルな食の新常識を教えて下さいました。

毒になる食べ方 薬になる食べ方 (青春文庫) [ 森由香子 ]

created by Rinker

大根おろしは、おろしたてを食べないと意味がない

大根おろしに適しているのは、葉の下の部分で、そこに含まれる栄養成分のビタミンc、消化を助けるジアスターゼ、

発がん物質を抑制するカタラーゼなどは、時間がたつと減ってしまいます。

なので、大根おろしは食べる直前に作るようにしましょう。

甘い物を食べ過ぎた時は、焼きのりを食べると解消できる

焼きのりには、砂糖や脂肪をエネルギーに変えるビタミン、コレステロールを外に排出する食物繊維など、

栄養の種類が豊富なので、甘い物の後に、大きい焼きのりを1枚食べておくと良いそうです。

※味付けのりは、塩分が多いので、焼きのりのほうが良いということでした。

牛乳は夕方に飲んだほうが良い

カルシュウムが体内に蓄積されるのは夕方なので、そのタイミングで、カルシュウムを摂ると良いそうです。

日中は骨からカルシウムが溶けだしてしまうため、夕方摂ることによってカルシウム不足を防ぐことができます。

便秘の悩みは穀物と甘い物が解消してくれる

甘い物は腸管内で発酵して、大腸の働きを高めてくれる効果があるそうです。

糖分の多いハチミツや砂糖を摂ると良いそうで、量としては、200kcal程度

まとめ

食物は、ただ摂ればいいということではなく、食べ合わせや摂るタイミングが、

大事だということがわかり、とても勉強になりました。

毒になる食べ方 薬になる食べ方 (青春文庫) [ 森由香子 ]

created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です