世界一受けたい授業【肌の潤いを保つ美肌菌、ヨーグルトパックのやり方】まとめ

2019年8月31日に放送された、肌の潤いを保つ美肌菌や、肌のくすみ対策について、スキンケアのスペシャリスト

銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生が教えてくださいました。

女医が教える、やってはいけない美容法33 実は老化を加速![ 慶田 朋子 ]

created by Rinker

美肌菌とは

私達の肌に住んでいる常在菌のひとつで、表皮ブドウ球菌のことですが、通称『美肌菌』と呼ばれています。

肌表面の汗や皮脂を食べ、潤い成分のグリセリンを生み出す働きをしてくれます。

美肌菌を失くしてしまうあることとは

カミソリで顔の毛を剃ることで、美肌菌も一緒に剃り落としてしまうそうです。

美肌菌を失くしてしまうと、潤いのない肌になってしまい、回復するにも時間がかかります。

※産毛をそる人は、頻度を少なくしたほうが、いいようです。

美肌菌の住みやすい環境とは

腸内環境を整えると、水分量が上がり肌あれの改善などに良いそうです。

おススメの食材は、無糖ヨーグルト(乳酸菌)+ドライフルーツ(食物繊維)です。

正しい洗顔法

  1. 温度を35℃に設定する
  2. ぬるま湯で顔をぬらす
  3. 洗顔料を3回プッシュする
  4. 皮脂の多い部分に泡をつける
  5. 指の腹でやさしく洗う
  6. ていねいにすすぐ(顔のパーツごとに顔を傾けて15回ほどすすぐ)
  7. タオルでやさしく水分をふき取る

※最後に冷水でしめるのはNG

皮膚の温度を下げることで潤い物質が蒸発してしまうので、人肌くらいの温度が良いそうです。

シミを防ぐ食材

アスタキサンチンを多く含む鮭がおススメです。

最強の抗酸化物質で、活性酸素を除去し、紫外線による肌ダメージを軽減してくれます。

ヨーグルトパックのやり方

肌のくすみ対策におススメです。

  1. 無糖のプレーンヨーグルトを用意する
  2. ぬるま湯で軽く洗顔する
  3. 顔全体にヨーグルトをまんべんなく塗る
  4. そのまま5分から10分おく
  5. きれいに洗い流す

※アレルギーの心配がある人は、パッチテストをしてから行いましょう。

まとめ

洗顔の最後に冷水でしめる、やりがちなことですよね。

毛穴が引き締まって良さそうと思い、私も時々やってました。

これからは、気を付けたいと思います。

女医が教える、やってはいけない美容法33 実は老化を加速![ 慶田 朋子 ]

created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です