体に良い5つの外食チェーン店|お手頃価格で野菜もたっぷり

外食と聞くと「体に悪そう」というイメージがありますが、消費者の健康志向の高まりによって、

最近外食チエーンでは、体に良いヘルシーなメニューも増えてきましたね。

そこで今回体に良いメニューのある外食店を5つ紹介します。

体に良い外食チェーン5店舗

個人的におすすめな外食店のメニューを紹介します。

リンガーハット

野菜たっぷり食べるスープ

これ一杯で国産野菜480gが摂れます。これだけたくさんの具にスープを飲んだら、お腹も満足しそうですよね。

下の表で野菜たっぷりちゃんぽんと、栄養成分を比較してみました。

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
野菜たっぷり食べるスープ 509kcal 16,8g 35,8g 32,8g 7,0g
 

野菜たっぷりちゃんぽん

831kcal 28,2g 37,5g 94g 9,3g

モスバーガー

モスバーガーでバンズを野菜に代えられる菜つみというメニューがあります。

具も6種類の中から選べて野菜もたっぷり摂れるので良いですね。

モスの菜摘み エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
モス野菜 207kcal 9,4g 14g 11,5g 1,2g
テリヤキチキン 183kcal 15,1g 10,3g  7,7g 1,9g
フィッシュ 250kcal 11,7g 16,9  13g 1,5g
ロースカツ 264kcal 12,7g 13,8g 22,2g 1,6g
海老カツ 244kcal   6,6g 15,7g 19,4g 1,4g
ソイモス野菜 155kcal   9,1g    6,0g 16,9g 1,3g

吉野家

ライザップとのコラボ商品「ライザップ牛サラダ」です。

牛丼の具に鶏肉、豆、半熟卵、ブロッコリー、その下にはごはんの代わりにサラダが敷き詰められています。

すごくボリユームがあって、ごはんがなくても満足できそうですよね。

カロリー タンパク質 脂質 糖質 食塩相当量
430kcal 30g 27g 12,2g 2,0g

すき家

ごはんの代わりに豆腐を使用した「牛丼ライト」です。

牛丼の具とサラダ、その下には豆腐が入っています。ゆずポン酢がかかっているのでさっぱりしていて食べやすそうです。

肉の量も、ミニ、並盛、大盛の中から選べます。

カロリー タンパク質 脂質 炭水化物 食塩相当量
ミニ 329kcal 20,9g 21,0g 15,2g 871mg
並盛 425kcal 25,7g 28,3g 17,9g 1106mg
大盛 515kcal 30,1g 35,2g 20,3g 1330mg

フレッシュネスバーガー

プラス60円で全てのバーガーが低糖質バンズに変更できるので、糖質を気にしている人も

あまり罪悪感なくハンバーガーを食べることができます。種類も豊富なのが良いですね。

バンズは3種類ありますが、糖質量を比較してみます。

パンプキンバンズ→22,6g ゴマバンズ→27,6g  低糖質バンズ→14,8g

ゴマバンズと比べると糖質量が1/2位です。

これならハンバーガーでも、気軽に糖質制限できますね。

coco壱番屋

ライスの代わりにカリフラワーライスを使用した「低糖質カレー」

カレーが食べたいけど、”糖質多そうだし”という方にはぴったりだと思います。

ライスを使用したポークカレーの場合、糖質は85,8gです。

低糖質カレーなら、糖質は16gです。カリフラワーライスは、見た目も白いごはんに近く

噛み応えもあるので、満足感もあります。

それにカリフラワーは、食物繊維が豊富なので、お腹の調子も整えてくれるんです。

糖質制限ができて、便秘の予防にもなるので、これはおすすめです。

まとめ

これまで体に良い外食チエーンについて書いてきましたが、

外食でもメニューを選ぶ時に気をつければ、ヘルシーでおいしい物が食べられるということですよね

気になるお店やメニューなどありましたら、皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です