教えてもらう前と後【きのこの新常識】まとめ

秋の味覚といえばきのこですが、8月20日の放送で紹介された

おいしいきのこの選び方や、

栄養を逃がさない調理法、新種のきのこ「松きのこ」についてまとめました。

おいしいきのこの選び方と調理法

家庭でよく食べられているきのこの種類別に見分け方や調理法をまとめました。

しいたけ

笠の裏がせまいものが良い(笠の小さいもの)

※肉厚で食感が良く、旨味が逃げにくい。(笠が成長する時に胞子といっしょに栄養と旨味を吐き出してしまう)

えのき

見分け方のポイントは、真上から見て笠の高さが均一なものを選ぶ。

※高さが均一で軸がまっすぐなものは、新鮮である。(鮮度が落ちると軸が曲がり高さがバラバラになる)

MEMO
根元に近いほど栄養が多い(脂肪燃焼効果のあるキノコキトサン)

えのきステーキの作り方

  1. 切り落とした根元から、石づきの先を1cmカットする。
  2. フライパンで両面を焼く
  3. バターと醤油で味つけする

しめじ

しめじの栄養成分は、オルニチン(快眠サポート)

なんと、しじみの5倍もあるそうです。

最強の調理法は、しめじとホタテの炒めものです。

ホタテの栄養成分、グリシン(睡眠の質を高める)としめじのオルニチンのw効果で、

睡眠改善効果も期待できそうです。

松きのことは

世羅きのこ園で栽培しているきのこで、見た目も味も松茸そっくりと話題のきのこです。

値段も松茸と比べると安くて美味しいので、人気があり、予約3か月待ちだそうです。

まとめ

これからの季節益々おいしくなるきのこですが、番組で紹介された見分け方や調理法など、

とても参考になりました。さっそく活用したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です